セルライトの仕組みを知って予防しよう

セルライトとは体内に溜まった老廃物が脂肪細胞と結びつき肥大化したものです。
女性にできやすく、脚やおしりをつまむと皮膚の表面がデコボコになりオレンジの皮のように見えることから「オレンジピールスキン」とも呼ばれています。

セルライトができる原因には、脂肪の蓄積や血行不良といったものが挙げられます。これらに気をつけていれば、セルライトを予防することもできます。

1.脂肪を蓄積させない
揚げ物など脂肪分の多い食事を取り過ぎないようにしたり、夜遅くの食事を控えるなど食生活の乱れに気をつけましょう。
2.血行不良を起こさない
血行不良になると老廃物が体の外に排出されなくなるので、運動をして血液の循環を促したり、血行不良の要因になるストレスを溜めないように適度に発散させたりすることも必要です。

塩分の摂り過ぎや、体の冷えによって起こるむくみもセルライトができる要因に繋がりますので注意しましょう。

普段の生活に少し気をつけるだけでもセルライトの予防は簡単にできるので、ぜひ出来ることから試してみてください。